seo戦略 検索結果で勝率をあげる!

検索エンジンから認められる技術のあるseo業者に依頼することで、確実に結果のでる対策をしましょう!

TOP > seo対策

目次

  1. seo対策
  2. どんなサイトにおいてもseo対策
  3. seoにおけるアルゴリズムの重要性
  4. seoの上位の仕組みとは
  5. Googleアナリティクスは現在のseo対策で重要
  6. ソーシャル投稿サービスに対するseo対策
  7. 検索で探す大阪のseo対策業者
  8. seoのよくある会話

seo対策

seo対策は成功のためのマストアイテムと言っても過言ではないのでしょうか。
ここ十数年でseoは急速な発展を遂げました。

インターネットの普及により、web制作が当たり前となっている中で、集客率をアップするための有力な手段の一つとなっています。

seoをすることが当たり前になってくるとライバルが増えるので、早い段階からseoの対策をしている方が良いのではないでしょうか。

といっても、2008年以前であればそうであろうが、2018年にもなると慎重にseoを導入することがお勧めですが、サイトのドメイン※1の古さが有効であることには変わらない。

seo対策 東京はseo対策FOA 大阪、東京のseo会社。創業2002年。

どんなサイトにおいてもseo対策

ホームページをビジネスに利用するならseoを全く考慮しないホームページ制作はありえないと言えます。アクセスアップの費用対効果、ブランディングを考えれば考えるほど、seoを考慮します。

ここでseoを考慮するというのはコンテンツの作成内容、キーワードの選定、出現頻度、記述方法などです。

本当はgoogleのアルゴリズムの詳細まで理解し、ホームページ制作をすることが望まれますが、それは難しいため、とりあえずコンテンツのキーワードとコンテンツ量などになるのですが、これはしっかり押さえたいものです。

seoにおけるアルゴリズムの重要性

今のseoはグーグルはすべて人工知能を用いて行っています。これは2015年10月にランクブレイン※2が導入されたことによるものです。

もちろんこのアルゴリズムは日々アップデートが加えられており、より理想的なseoに近づけられています。

しかし、基本的なサイトの解析からユーザーが実際に検索をしてからのサイトの滞在時間、それらのデータの蓄積かた検索順位への反映まではすべて人工知能が行っています。

しかしサイトやブログの運営者がこれらに対する対策を行う際には、アルゴリズムを追いかけるメリットはあまりありません。

グーグルの理念を知り、それに見合ったサイトを作成していくことが最大のseo対策です。

ただ、ここでランクブレインは何をしているのかというとサイトのドメイン年齢、キーワードの出現頻度、単語数だけでなく、言語モデルによって文章の中身を理解していると考えられます。

その言語モデルはディープラーニングで学習されているが、この学習理論は日々進化している。

つまり、言語モデルも日々変わるため、アルゴリズム自身を理解仕様とすること自体が難しいと考えられる。

seo対策の関連記事

seoの上位の仕組みとは

seoの対策の必要性に関しては、それぞれの生活のスタイルによって、大きな違いがありますが、得に最新の検索エンジンの特徴をじっくりと理解することが肝心です。

最近では、seoの上位のシステムについて、数多くの媒体で特集されることがあるため、空き時間を使いながら、コンピュータに関する色々な知識を身につけることがおすすめできます。

また、seoの効果を得ることが出来るまでには、少なくとも数週間から数カ月程度の時間が掛かることがあるため、信頼のおける業者のスタッフと念入りにコミュニケーションを図ることが大事です。

Googleアナリティクスは現在のseo対策で重要

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ソフトです。

アクセスの変化などを、AIが教えてくれる機能が実装されています。 この機能はPC版と同様、無料で使用できます。

閲覧者が特別なセグメントなどをすることなく、サイトに起きたページ閲覧などのアクセスやページ移動やページ内検索などのユーザー行動の変化を報告してくれるアシスタント機能があります。

現状では、Android版とiOS版のモバイル版アプリしかありません。 PC版を意識してきた従来のseo対策ではなく、今からのseo対策を行う上で、必須のツールと言えるでしょう。

ソーシャル投稿サービスに対するseo対策

GoogleのAIによる検索結果にコンテンツを投稿できる「ソーシャルメディアのような投稿サービス」が、日本でも試験的ではあるものの開始したことが明らかになりました。

上のように曖昧な表現の投稿サービスと記載したのは、、SNS※3である、twitter、Facebookや、Google+のように専用のサイトがないことが特徴であるからです。

もはや、従来型のseo対策だけではなく、試験的ではあるものの、こういった検索結果を元にしたソーシャルメディアも念頭においたseo対策を考えなければならない時代が到来しているのかもしれません。

検索で探す大阪のseo対策業者

インターネットに関わるサービスですので、大阪のseo対策業者は検索を使って探しているという人が多い様です。

大阪のseo対策業者がきっとたくさん表示される事でしょう。検索結果を見て、気になる大阪のseo対策業者があれば、クリックしてさらに詳しい事を調べてみましょう。

大阪のseo対策業者を一つ一つ調べてみると、時には時間がかかる事もあります。

大阪のseo対策業者が提供するサービスの申し込みを済ませると、そのまま長く契約を行う事が多いので、途中で業者を変えるという事は不可能ではありませんが、頻繁に変えるという事は難しく感じられる事もあります。そのため、最初にしっかりと選んでおきましょう。

seoのよくある会話

太郎君:seoってこの前、終わっているって聞いたんですけど。本当はどうなんですか?

花子さん:そうね。いい方によっては終わっているでしょうね。

太郎君:そうなんですか?

花子さん:だって、サイト運営者が頑張らないと順位が上がらないだから。seo業者が頑張っても意味がないんだから。

太郎君:seo会社からいうと確かに終わってる。

花子さん:でもね、サイト運営者がコンテンツを増やしていくと順位があがるのよ。それって終わってないでしょう?

太郎君:そうですね。

花子さん:seoをビジネスにするのは無理だけど、seoをサイトの運営に利用するのはありだと思うけど。

太郎君:そうですね。じゃあseo業者いらないんじゃないですか?

花子さん:そうですね。でも、コンテンツを増やしさえすれば順位が上がるわけではないらしいよ。

太郎君:そうですか。

花子さん:コンテンツの増やし方やドメインのオーソリティー※4の上げ方にもノウハウがあるみたいよ。

※1ドメイン

ドメインとは××.com や××.net のようなものを指します。インターネット空間ではアドレスといわれる所在地でホームページを表示します。そのアドレスは通常IPアドレスなのですが、ドメイン名とIPアドレスをネームサーバーにおいて同一視し、ホームページを表示したり、リンク先をたどることになります。

ドメイン名はユニークに決定しますので、ドメイン名が重なることはありません。DNSサーバーがあることで、レンタルサーバーを変更し、もしIPアドレスが変更になってもドメインが変更にならなければホームページをみることができるのです。

※2ランクブレイン(RankBrain)

ランクブレインは2015年にGoogleのエンジニアが今まで、手作業で構築していた検索アルゴリズム変更を機械学習を用いた人工知能で置き換えるものです。Googleの1日における検索結果の15%を処理するために使用されている。

つまり、今まで人間が直観や研究をもとに検索アルゴリズムを変更してきたが、その多くをランクブレインが行います。この変更には機械学習をもちいており、AIによる学習でアルゴリズムは進化していくのです。ただ、アルゴリズムの方向性は人間が予め決定しているようには思います。

※3 SNS

SNSはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略なのですが、FaceBookやインスタグラムやTwitterやブログを指しますが、これはフォロワーや友達というもので結びついているネットワークなのです。

このつながりを利用して、情報を伝播させることで商品やサービスを宣伝するという手法が最近では増えています。seo的にはあまり関係はありませんが、この情報をもとにリンクが増えるというのは期待できるかもしれません。seoというよりも簡単にアクセスを増やす方法です。メリットは多くの人により早く情報を伝播できる。デメリットは情報を必要としていない人にも情報を伝える。

※4ドメインのオーソリティー

ドメインのオーソリティーというのは主にドメインの古さ、被リンクによる価値の有無となります。ドメインの古さはサイトの運営歴を指します。サイトを運営しない場合はドメインの古さという価値はなくなります。一度リセットされます。また、被リンクの質によりドメインの価値は変わります。

よりメジャーなドメイン、ページからの被リンクを受けたページ、ドメインの評価は上がります。また、最近ではこれと並行した形でドメイン内に掲載されたサイトのコンテンツ量やコンテンツの質というものもあります。これはコンテンツのオーソリティーと表現していいのかもしれません。

seo対策を大阪、神戸、東京で導入するなら

有限会社ティーケイティー

〒550-0002

大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町

http://www.tkt-group.co.jp/
http://www.tkt-group.jp/

menu

TOP seo seo対策 seo大阪 ホームページ制作 ホームページ制作姫路 ホームページ制作会社