SEO戦略 検索結果で勝率をあげる!

検索エンジンから認められる技術のあるSEO業者に依頼することで、確実に結果のでる対策をしましょう!

まずはSeoの料金を知る

会社のホームページを見ているとSeoのサービスが良さそうなので、早速申し込みをするという事はあまりないかと思います。というのも、もっと詳しいサービス内容を調べる事はもちろんですが、料金について考えないといけません。

会社の予算を無制限に使用できるのであれば、料金について考えずSeoを申し込む事ができるでしょう。しかし、できるだけ高額な費用を料金に費やす事なくSeoをしたいと考える企業が多いでしょう。

同じ会社が提供するSeoのサービスであっても、プランによっては料金が異なる場合があります。ですので、料金とSeoのサービス内容については、間違えたりする事がない様に注意したいですね。念入りに確認するといいでしょう。

seoのgoogleの急上昇

seoは検索エンジンで急上昇になったものをgoogleのトップページに載せることです。seoの利点はより多くのユーザーにサイトにアクセスしてもらうことができる、急上昇ワードが出てくるので今注目されているニュースや物事が誰の目にも留まることが挙げられます。

また、キーワード検索の機能の精度を上げることができます。今まではキーワードが挙げられていてもそれに類似の物事をネット上で拾い上げることのスピードが小さかったのでそれを上げられます。よってわずかな言葉からいろんなものを調べることができ、わからないことを解消しやすくなります。

キーワード単語数を意識してseoを実施する

seoにおいては、ユーザーが検索で使用すると予測されるキーワードを効果的に選定して、コンテンツに反映させることが基本となります。その上で、それらキーワードがテキスト中に出現する率を適切に設定する必要があります。

あまりに出現率の多いキーワードは、googleなどのサーチエンジンから不自然と判断され、seo的に良い影響は期待できないからです。あくまでも自然な範囲でのキーワード単語数を意識して、コンテンツを作成することが必要になります。また、キーワードの出現数や出現率をチェックするツールもありますので、それらを利用するのも一つの方法です。

seo対策に構造化マークアップの導入

Webサイト構築にあたって、グループ分けされ、ピラミッド形式で、浅い階層にすべきであるというのが、従来型のseo対策です。 しかしながら、AI型の検索エンジンに、より正しい結果を得るために、構造化マークアップを導入する可能性も示唆されています。

Webサイトが、これによって記述されているのであれば、今後、検索エンジンに導入される可能性が高いという情報があります。しかし、大企業ならまだしも、中小企業が、この構造化データマークアップによるseo対策に対する見返りが少なくなる可能性もあるので、不用意に手を出さない方が賢明であると言えます。

ライフスタイルの変化に対するseo対策

モバイル端末が急速に増加しているにも係わらず、Googleの検索ランキングシステムはPC向けの検索結果を提供してきました。 しかし、ここにきて、AI型のRankBrainを導入したこともあり、モバイル版のコンテンツを再評価し、自然な検索結果にする仕様に変更しました。

そのため、従来のseo対策ではなく、seoからSXO(Search Experience Opto,ozation)へと進化、モバイル端末優先へと劇的に変化した実生活社の検索スタイルと、ユーザーニーズやライフスタイルに沿った検索結果を提供するためのWebサイトコンテンツの最適化が必要になってきています。

seo対策の関連記事