SEO戦略 検索結果で勝率をあげる!

検索エンジンから認められる技術のあるSEO業者に依頼することで、確実に結果のでる対策をしましょう!

コンテンツで勝負するSeo

裏技の様なSeoがあればいいですが、なかなか現実はその様にはいかない事もあるみたいです。楽してSeoで結果を出すという事は難しく、簡単な方法であれば、きっとすでにたくさんの人が試している事でしょう。

そこで、小手先の技術などでSeoをするのではなく、基本に立ち戻って、ユーザーにとって有益なコンテンツを充実させる事で、Seoにとってもよく、ユーザーにとってもよいサイト作りを目指すことをおすすめします。

この方法では時間もかかりますし、地道な作業の連続になる事が予想されますが、弊害は少ないと思われます。Seoの対策として、コンテンツで勝負をしたいというのであれば、それもいいかもしれません。

コンテンツSeoで本当に上位表示が可能か?

実際問題としてコンテンツを増やすだけでは上位表示は難しいというが多くの見解です。googleも被リンクの必要性を公言しております。ただ、被リンクに関しては多くのホームページ制作会社によってリスクを強調することで真実がゆがんで伝えられております。

いいコンテンツであれば被リンクが増えるというのも真実であるのか?と考えると「??」と思っても仕方ありません。ただ、いいコンテンツは被リンクが増えるだけでなく、サイトの評価を上げるという効果があります。だから、コンテンツ増強はseoには必要条件ではあるのです。十分条件でないだけなのです。

コンテンツもキーワードを考慮したコンテンツであるほうがいいに決まっていますし、コンテンツが充実度合はいいに越したことはありません。

閲覧者を意識したseoを

seoはサーチエンジンを対象に最適化を行うものですので、サーチエンジンの評価対象になるキーワードや被リンク数といったテクニカルな要素に注意が向きがちです。しかし、サーチエンジンが目的にしているのは閲覧者の利便性であり、最終的にこれを判断するのはユーザーです。

ユーザが最初に出会うのは、検索結果で表示されるタイトルとメタディスクリプション、ついでサイトのコンテンツとなりますが、この一連の閲覧者の体験が、総合的にサイトのコンテンツの評価を決定します。 長期的なseo戦略のためにも、これらのユーザエクスペリエンスを重視した良質なコンテンツの提供が必要とされます。

seoはもう終わったのか?

seoをビジネスで行う場合は安い価格で請け負うと採算があいませんので、そういう意味では終わっています。 また、成功する確率は非常に下がっており、seoを順位を上げることなら成功しないならseoでないのでseoは終わっています。

このことは非常に大切です。seoなんてものはいい加減で、業者によって施策もバラバラでそのため、費用もバラバラです。 では、アイミツをとっても意味がないのです。だからそんなもんだと理解すること必要なのです。

seoはスパムに対するペナルティがあります

検索順位を高める工夫としてseo対策があります。 ホームページの記述言語でもあるHTMLを正しく記述する、キーワードを選択して文書内に記載するなどの内部対策や外部サイトからのリンク数を増やす外部対策などがseoには必要となります。

googleに適したseo対策を行う事で、検索結果のページで上位表示が行われるようになりますが、googleはスパムにおけるペナルティが課せられると言った特徴があります。 例えば、キーワードをより多く埋め込むために、背景色および文字色を白色にすると言った対策の仕方はスパム行為に値し、検索結果に表示されなくなるなどのリスクを持ちます。

seo対策においてはユニーク化が重要

seo対策を行う場合には、サイトにあるページをユニークにする必要があります。一昔前までは似たようなコンテンツを保有していても評価が下がることはなかったのですが、近年のgoogleの検索アルゴリズムの更新によって、サイトに同じような重複するページは評価が高まらないようになったためです。

これはユーザー目線で考えるとわかりやすいです。サイトに似たようなページあると、ユーザーを結局のところ困らせてしまうようなことになってしまい、意味がありません。そういう意味で、故意のページの重複はペナルティーを受けるリスクもあり、seo対策には重要になってきました。

seo対策の関連記事