seo戦略 検索結果で勝率をあげる!

検索エンジンから認められる技術のあるseo業者に依頼することで、確実に結果のでる対策をしましょう!

TOP > seo

目次

  1. コンテンツで勝負するseo
  2. コンテンツseoで本当に上位表示が可能か?
  3. 閲覧者を意識したseoを
  4. seoはもう終わったのか?
  5. seoはスパムに対するペナルティがあります
  6. seo対策においてはユニーク化が重要
  7. seo対策における大阪の会社との契約内容
  8. seo対策を分かりやすく説明している大阪の会社
  9. seoのよくある会話
  10. コアアップデート※2で何が変わる?
  11. ※1タイトルタグとメタディスクリプション
  12. ※2コアアップデート

コンテンツで勝負するseo

裏技の様なseoがあればいいですが、なかなか現実はその様にはいかない事もあるみたいです。

楽してseoで結果を出すという事は難しく、簡単な方法であれば、きっとすでにたくさんの人が試している事でしょう。

そこで、小手先の技術などでseoをするのではなく、基本に立ち戻って、ユーザーにとって有益なコンテンツを充実させる事で、seoにとってもよく、ユーザーにとってもよいサイト作りを目指すことをおすすめします。

この方法では時間もかかりますし、地道な作業の連続になる事が予想されますが、弊害は少ないと思われます。

seoの対策として、コンテンツで勝負をしたいというのであれば、それもいいかもしれません。

コンテンツseoで本当に上位表示が可能か?

実際問題としてコンテンツを増やすだけでは上位表示は難しい(以前はコンテンツを増やすだけで順位が確実にあがりました。)というが多くの見解です。

googleも被リンクの必要性を公言しております。ただ、被リンクに関しては多くのホームページ制作会社によってリスクを強調することで真実がゆがんで伝えられております。

いいコンテンツであれば被リンクが増えるというのも真実であるのか?と考えると「??」と思っても仕方ありません。

ただ、いいコンテンツは被リンクが増えるだけでなく、サイトの評価を上げるという効果があります。

だから、コンテンツ増強はseoには必要条件ではあるのです。十分条件でないだけなのです。

コンテンツもキーワードを考慮したコンテンツであるほうがいいに決まっていますし、コンテンツが充実度合はいいに越したことはありません。

閲覧者を意識したseoを

seoはサーチエンジンを対象に最適化を行うものですので、サーチエンジンの評価対象になるキーワードや被リンク数といったテクニカルな要素に注意が向きがちです。

しかし、サーチエンジンが目的にしているのは閲覧者の利便性であり、最終的にこれを判断するのはユーザーです。

ユーザが最初に出会うのは、検索結果で表示されるタイトルタグとメタディスクリプション※1、ついでサイトのコンテンツとなりますが、この一連の閲覧者の体験が、総合的にサイトのコンテンツの評価を決定します。

長期的なseo戦略のためにも、これらのユーザエクスペリエンスを重視した良質なコンテンツの提供が必要とされます。

seo対策の関連記事

seoはもう終わったのか?

seoをビジネスで行う場合は安い価格で請け負うと採算があいませんので、そういう意味では終わっています。

また、成功する確率は非常に下がっており、seoを順位を上げることなら成功しないならseoでないのでseoは終わっています。

このことは非常に大切です。seoなんてものはいい加減で、業者によって施策もバラバラでそのため、費用もバラバラです。

では、アイミツをとっても意味がないのです。だからそんなもんだと理解すること必要なのです。

seoはスパムに対するペナルティがあります

検索順位を高める工夫としてseo対策があります。 ホームページの記述言語でもあるHTMLを正しく記述する、キーワードを選択して文書内に記載するなどの内部対策や外部サイトからのリンク数を増やす外部対策などがseoには必要となります。

googleに適したseo対策を行う事で、検索結果のページで上位表示が行われるようになりますが、googleはスパムにおけるペナルティが課せられると言った特徴があります。

例えば、キーワードをより多く埋め込むために、背景色および文字色を白色にすると言った対策の仕方はスパム行為に値し、検索結果に表示されなくなるなどのリスクを持ちます。

seo対策においてはユニーク化が重要

seo対策を行う場合には、サイトにあるページをユニークにする必要があります。

一昔前までは似たようなコンテンツを保有していても評価が下がることはなかったのですが、近年のgoogleの検索アルゴリズムの更新によって、サイトに同じような重複するページは評価が高まらないようになったためです。

これはユーザー目線で考えるとわかりやすいです。

サイトに似たようなページあると、ユーザーを結局のところ困らせてしまうようなことになってしまい、意味がありません。

そういう意味で、故意のページの重複はペナルティーを受けるリスクもあり、seo対策には重要になってきました。

seo対策における大阪の会社との契約内容

正式に大阪の会社にseo対策を依頼するには契約を結ぶ必要があります。また、seo対策を大阪の会社に依頼するに当たり、契約内容の詳細を知った上で利用しましょう。

大阪の会社にseo対策をお願いする際には、念のため解約する際の手続きなどについても把握しておきましょう。

seo対策は継続して利用する事が多いので、大阪の会社と取引を停止したい際には、どの様な手続きが必要で、費用はどうなるのかという事が大事です。

seo対策における大阪の会社との契約内容は書類として渡される事もあると思いますので、読んでおく事が大切です。

また、プランを選ばないといけない事が多い様ですので、希望の内容と相違点がない事を確認しないといけません。

seo対策を分かりやすく説明している大阪の会社

自分はseo対策について分からないので、大阪の会社に相談した際に話に付いていけないのではないかと不安な人もいる様です。

しかし、多くの場合その心配は必要ありません。今ではseo対策で結果を出すばかりか、大阪の会社はサービスの向上に努めている事もあります。

そして、大阪の会社の人がseo対策について専門用語を過度に使用する事なく、分かりやすく説明してくれる事もあります。

また、こちらがseo対策について不明な箇所があれば、気軽に大阪の会社に聞いてみましょう。

seo対策については遠慮する事なく、大阪の会社と意思疎通をしっかり行う事が、満足できるサービス利用する上で大事となります。

seoのよくある会話

太郎君:コンテンツseoって知ってるか?

花子さん:知っています。ホームページにコンテンツをひたすら書き続けるseoでしょう?

太郎君:そうだよ。じゃあどんなコンテンツを書く?

花子さん:よく検索されるようなコンテンツを書くでしょう?

太郎君:やっぱりそうなんだ。この前みたサイトでは、最近のgoogleはオリジナリティー重視だから誰も検索しないようなキーワードに関するコンテンツを作るって書いてたよ。

花子さん:あー。そんな手もありましたね。でもどうなんだろう?

太郎君:そうだね。そんなコンテンツだったら、集客できないような。

花子さん:そうですね。ひたすら書き続けるとビッグキーワードでは上がりそうですけど。

太郎君:書き続けるの大変そうだ。

花子さん:私ならやりませんが。

太郎君:(笑)

コアアップデート※2で何が変わる?

2018年3月13日と4月、8月2日にコアアップデートを行ったとgoogleが発表しています。では、コアアップデートで何がかわるのか?それは順位が多き動くということ、そのもとになるものは、コンテンツのあり方、評価方法が変わったということなのです。3月のコアアップデートでは順位が下がってもコンテンツの評価方法が変わったからだよってコメントしております。

どういうことなのでしょう。コンテンツのいい悪いはgoogleが決めるので頑張っていいと思うコンテンツを書いてね。ってことなんだと思いました。言い換えるといい大学に入りたかったらあんたのいいと思う方法で頑張って勉強してねってことと同じなんでしょう。これってテクノロジーなの??

※1タイトルタグとメタディスクリプション

タイトルタグとはコンテンツページの頭にある、<title>のことで、メタディスクリプションとはmeta name="description" を指します。タイトルタグはseoとしての効果は抜群です。多くの場合はこの箇所にキーワードを入れつつ、ページを明確に表現することが大切です。また、これは各ページオリジナルでユニークでないといけません。

メタディスクリプションはページの紹介文です。これはseo的には効果はほぼありません。でも、この箇所の文言がキーワード検索結果の箇所に表示されますのでキャッチーに書くことでページのクリック率が大幅にあがります。これはseoというよりもクリック率を上げるための対策と考えた方がいいでしょう。

※2コアアップデート

コアアップデートは今後も年数回あると考えられます。これはコンテンツの言語処理、コンテンツの画像の評価、そしてコンテンツとseoの内部対策に関わるところの評価を広範囲で変更するということなのでしょう。

では何をすればいいのか?seoらしき操作は一切なくし、まっとうにコンテンツを作成するということなのです。コンテンツは当然、内部対策も含むということです。seoの内部対策には注意が必要ということなのでしょう。基本は原則内部対策もやめた方がいいということなのでしょう。

seo対策を大阪、神戸、東京で導入するなら

有限会社ティーケイティー

〒550-0002

大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町

http://www.tkt-group.co.jp/
http://www.tkt-group.jp/

menu

TOP seo seo対策とは seo大阪 ホームページ制作 ホームページ制作姫路 ホームページ制作会社